虫刺されを一瞬にして

また徒歩を蚊にやられた!
って言うので思い起こしたんだけど、これって「噛まれる」のか「刺される」のか何れなんだろうな。

何れも良いって言うのは分かってるんだけど、どっちもしっくりくるんだよね。
あのか細い針を刺して血液を吸うのだから「蚊に刺された」は結論。
で、あの針を口と考えるなら噛みついているようなアイテムなので「蚊に噛まれた」も落ち度では無い。

ただ音声に出していう状態「噛まれた」だと漠然と「かにカマ」が心中をよぎってしまい、妙な脱力霊感を覚える。
かと言って「刺された」だと、何となく出来事が起こったような内心になったりもやる。

おそらく、なんでもすばらしいや。

で、どうやら夕べに徒歩のスネをやられたようで凄いかゆい。
人気製造元の痒みエンドを何度も付けるけど本当に成果乏しいのな。
塗った傍らから痒みがひいてくらしいんだけど、塗りやつにヒントでもあるのかな。

というかもうもう痒みエンドじゃなくて、虫刺されを一瞬にして直す薬ほどあってもおかしくないというんだよ。
痒みを抑えるんじゃなくて、その物を消しちゃったほうが強制いいと想うの。
何日も痒みに気を取られる暮らしなんてしたくないの。
なるほどむず痒い!

ランプの魔方にお願いするなら真っ先に、虫が寄ってこない体質として下さいってお願いするよ。千葉県千葉市で闇金問題を相談する