塗った側から

また徒歩を蚊にやられた!
って言うので思い起こしたんだけど、これって「噛まれる」のか「刺される」のかどっちなんだろうな。

どっちも嬉しいって言うのは分かってるんだけど、どっちもしっくりくるんだよね。
あの狭い針を刺して血液を吸うのだから「蚊に刺された」は妥当。
で、あの針を口と考えるなら噛みついて掛かるような物品なので「蚊に噛まれた」も錯覚では薄い。

ただサウンドに出していう状況「噛まれた」だと薄々「かにカマ」が心中をよぎってしまい、妙な脱力感じを覚える。
かと言って「刺された」だと、何となく案件が起こったような機嫌になったりもする。

必ず、なんでも好ましいや。

で、何となく昨夜に徒歩のスネをやられたようで凄いこそばゆい。
人気クリエイターの痒み極めつけを何度も塗り付けるけど全くインパクト弱いのな。
塗った側から痒みがひいてくらしいんだけど、塗りサイドに秘訣でもあるのかな。

というかもうこれから痒み極めつけじゃなくて、虫刺されを一瞬にして直す薬ぐらいあってもおかしくないというんだよ。
痒みを止めるんじゃなくて、その物を消しちゃったほうが強要いいとおもうの。
何日も痒みに気を取られる暮らしなんてしたくないの。
なるほど痒い!

ランプの魔それぞれにお願いするなら真っ先に、虫が寄ってこない風習として下さいってお願いするよ。大阪市で闇金問題を相談する