他人は大きなモバイルを開いて

都内都知事の選挙をめぐってきました。
今日の天候予報は夕刻頃から小雨が降りしきるようなことだったので、昼前の早めの時間に投票所に向かいました。傘を持ち歩くと、重苦しいからです。
自宅の近所にあるアカデミーが投票近辺で、そこに行くと塾生がグラウンドの準備を通していました。中に入ると係員が丁寧な処理を通していただける。クルマで行っても良かったようですが、停車講じる余りは細いので歩いて出向くのが解答でした。
校内の回廊には書類が敷いていて、土足で歩いていっても良いようになっています。投票をするレクチャーに入るって、第一歩近くの通知係りに選挙の用紙を与え、帳簿といった確認してから投票用紙をもらいました。
投票を済ませてから、外に出るといった新聞紙会社の腕章を付けた男の人が近づいてきました。色々思ったら、投票のアンケートに協力してほしいというのです。いわゆる出口密偵はでした。そのようなことはやっとだったのですが、答えることにしました。
その新聞紙会社の他人は大きなモバイルを開いて、身にタッチペンを渡します。そのボールペンでケータイに表示された詳細にタッチしていきました。最後に、だれに投票したかの探索が出てきたので、これも選ばなければないのかという聴きましたら、そこはしっかり入力して下さいと言われました。そういったことはプライバシーではないかと思いましたが、出口密偵は号外も美しく聞いていたので、そういったものだと思って自分が投票したクライアントの名称をタッチしました。愛知県岡崎市で闇金問題を相談する