一人一人が日ごろから

ゆうべの項目。Twitterの時間路線を見ていて一刻視線を疑う事がありました。
「急場地震速報だ!千葉・富津を震源とするM9.8の地震。震度7のところが豊富。」
これから気象庁が加筆、割愛をしたものの、地下鉄が何ルートか走行を見合わせた、との事で
帰還ラッシュ場合なかなかダイヤの不整が生じた君でした。
ここ関東各所で、震度3~4位の地震が頻出していて、専門家の中には
いつ都会でマグニチュード9階級の極大地震が起きてもおかしくない。との見方を出している方もおられるとか。首都都内でいざ、こんな地震が起きたらというといったマジ怖いだ。
色んなリアクションが麻痺してしまう。自分たちの暮らしが脅かされるどころか、一大被害が出る事でしょう。ビジョンも出来ない程の心労に苛まれます。
東日本震災の時、こっち栃木も震度6オーバーという著しい振動に襲われ、民家の倒壊。大レベル停電。帰還難民などがありました。戦略停電などもあり、いまだに寒い時期、物悲しい間、石油ストーブで暖を取りながら、電気のありがたさを感じた物品でした。
国中列島の組み立て上述こういった災難から逃れる事はなかなか難しいと言われます。
一人一人が日ごろから用立てる事が大切だと感じました。
ゆうべの誤報は迅雷による揺れが影響したみたいでしたが、さてこれが本当の急場地震速報だったら、との意志も必要なのかもしれないなと思いました。神奈川県藤沢市で闇金問題を相談する