グラデーションとしてみたり

葛藤世間といった競い合う俺、というほどの葛藤は溜めていませんが、前々から気になっていた「大人の塗り絵」を通してみようという思い立ち、仕事帰りに書店に立ち寄ってみました。
人気があるというだけあって、特設カーブが設けられ塗り絵の種類も豊富です。洋風、日本があり、ひいては図柄の注釈や人気の原因などもポップの注釈書きにありました。その中でも気になったのが、人望関連の中の1冊「ひみつの花園」でした。人望代物というだけあって、描かれていらっしゃる花は広範囲、さらに図柄も細く上手く、黙々と作業するには最適なゼロ冊だと思えました。また、特設カーブには三菱色鉛筆36色合い入りもあったので、夜にも早速塗りたい俺は躊躇せずに購入しました。
帰宅してからは超特急で夕食、シャワーを済ませ、塗り絵時刻のキープだ!いつもなら夕食以後おっとりテレビジョンを見たりも行なうが、あっという間に洗い物を終わらせ直ぐに塗り絵を通してみました。
では大きな絵柄ではないので簡単そうな一番最初のウェブページから・・・という始めるといった、これがどうにもむずかしい。36色合いあっても助かる色合いは限られて生じるし、どんどん景色のバランスを考えるといった同色コネクションばっかりは選んでいられない、全体的にぼんやりしてしまうのは必須です。色合いを重ねてみたり、濃淡をつけてみたり、グラデーションとしてみたり、胸中を使いながら試行錯誤だ。
気付けば直ぐに2トレンド、力を入れてしまったのかちょこっと健康は疲れた気がしますが、確かに夢中で色合いを塗りつける結果リラックスした時刻が過ごせたような気がします。
新規好みが見つかったような、そういう深夜でした。岐阜県岐阜市で闇金問題を相談する