もちろん七段飾りの

マンションには七段飾りのお雛様があります。
私のお子さんが産まれた来季の初節句に奥様が買ってくれたものです。
児童が小さい頃は2人で一緒に飾ったものです。
それぞれ言い方を付けて、マキシマム下の段の置物も言い方を言いつけながら平年飾って、片付けてと2人でや

っていました。
児童が中学生2年生になった時世、あたいといったお子さんは大阪へ引っ越しました。
もちろん七段飾りのお雛様なんて飾り付ける箇所もありませんし、持って行きませんでした。
後々、あたいは病気って施術を繰り返し、児童が20年齢を迎えたのを期に児童は大阪で単身

をし、あたいは家へって帰りました。
だがわれわれ家族が大阪へ行くまでお雛様を飾っていた客間には奥様がベッドを運び込み、奥様の部

屋と化していました。
七段飾りを押し出すマージンが無くなり、少なくともと思いお図形だけ流すこともありましたが、最近はお

図形さえ出さなくなりました。
児童は家には2お客様ダディを連れてきたことがあります。
最初は専ら彼氏として、二人視線はふたりとも正装でやってきて「婚姻目指す旨」言われました。
そこで婚姻を許可して児童は大阪で二人一生を始めました。
結婚とか披露宴は無益といった児童が言うので、そのあたりは任せました。
但し、いつまで経っても入籍取り止めるので「戸籍謄本は日にちがあるんよ」っていうのですが、本籍

会社の形態で悩んでいる容貌で「まだ出来ない」とのことでした。
だが、内容があって大阪の児童のところへ泊めてほしい旨伝えた位置「構わんけど…」という

ついつい容貌が不相応でした。
2人の新居に行ってみるといういわば新婚くんというよりシェアハウスみたいな感じでした。
「何だか面白いなぁ」と思っているのも心持ち「○○氏は離れた。あたいは都内に行く」と言

って引っ越してしまいました。
あぁ…お雛様を正しく出していたらこんなことにはならなかったのか?
いいえそんなことは関係ないよ…けれども何とか出してあげよう、と思いました。京都市で闇金問題を相談する